手のスキンケアのコツ

手は老化があらわれやすい部分

若々しさを保つためには、顔のお手入れだけではなく、ボディケアにも気を配ることが大切です。特に手は、目立つ部分ですし、洗い物や紫外線の影響で老化も進みやすい部分といえます。それゆえ、顔と同じぐらい丁寧なケアが必要です。手は意外とシミができやすい部分ですので、外出の際は日焼け止めクリームや手袋で肌を守ることも大切です。洗い物は毎日のようにしますので、手にはかなりの負担になりますが、ゴム手袋をすることでかなり刺激を抑えることができます。手は様々なものを触りますので、汚れもつきやすい部分です。手洗いはきちんとすることが大事ですが、このときも肌質に合い、刺激の少ないハンドソープや石鹸を選ぶよう心がけましょう。

保湿ケアをきちんとする

酷使されている手は乾燥も進みやすい部分です。洗い物をしたあとなどはこまめにハンドクリームを塗るようにしましょう。かさつきを放置していると、ひびやあかぎれの原因にもなります。熱すぎるお湯に触れることも乾燥を招きますので洗顔の際や洗い物のときは、ぬるま湯を使うようにします。ハンドクリームは乾燥防止に役立ちますが、ただ塗るだけではなく、マッサージも加えると血行も良くなり新陳代謝もアップします。爪のまわりも乾燥しやすいので、ネイルケア専用のクリームやオイルでのケアもプラスしてみましょう。乾燥が激しいときは、寝る前にハンドクリームをたっぷり塗り、手袋をしておくことも保湿効果を高めてくれます。最近はナイトケア用の手袋も充実していますので、上手に活用したいところです。