しみやソバカスをできにくくするためのスキンケア

夏だけでなく冬も紫外線対策

しみやソバカスができるのは、紫外線が大きく関わっています。しみやソバカスができにくくするためには、日焼け止めを塗るのが最も効果的なスキンケアです。しかし、春や夏など紫外線が多い季節だけしか使用しない人が多く、家にいる時に塗らない人もいます。紫外線は秋や冬でも降り注いでいます。また、家の中にいてもガラスを通して入ってきます。季節を問わず日焼け止めを塗るようにし、外出する時だけでなく家の中にいる時にも塗り忘れないようにしましょう。ただし、日焼け止めは塗るタイミングも大事です。日焼け止めがしっかり紫外線防止効果を発揮し始めるのは塗ってから30分以上経ってからなので、出かける直前ではなく早めに塗っておくことも大切です。

美白成分の配合された基礎化粧品

しみやソバカスをできにくくするには、美白成分の配合された基礎化粧品を使用するのも効果的です。美白成分にはビタミンC誘導体やアルブチン、トラネキサム酸などがあります。美白の有効成分が配合されている化粧品は、メラニンの生成を抑える作用がありしみやソバカスを予防することができます。ほとんどの美白成分はできてしまったしみやソバカスを薄くすることはできませんが、ビタミンC誘導体はしみやソバカスを予防するだけでなく、できてしまったしみやソバカスを薄くする作用もあります。そのため、本気でしみやソバカスをできにくくしたいのなら、ビタミンC誘導体の配合された基礎化粧品を使用するのがおすすめです。特に、ラインで使うと効果がアップするでしょう。